カテゴリ:AOPのフロマ-ジュ( 20 )

AOPのフロマージュ 39

”AOPのフロマージュを全制覇したい”の第20回目です。
カウントダウンに入ったこのシリーズ、45種類中の39個目です。
b0296855_01394217.jpg
Charolais(シャロレ)
原料は、山羊乳で、表面は自然に出来た皮
AOPで指定されている地域は、ブルゴーニュ南方のCharollesの60km圏内で、
ソーヌ・エ・ロワール、アリエ、ロワール、ローヌ県にまたがっています。
b0296855_22370007.jpg
地図の真中から右辺り。
2010年にAOPに認定されたばかりの新米さんです。
fermier(農場産)と表記できるのは16農家のみで、フランスでも貴重なチーズ。
3月から12月に出回り、5月から8月が1番美味しいとされています。
切ってみると、結構固く、ぎっしりと詰まった感じがします。
食べてビックリ、水分がとても少なく、
パンと一緒に食べようものなら、口の中の水分が全部吸い取られてしまいます~。
最初は、予想外の乾燥チーズに、何これ~、と思ったのですが、
チーズだけを食べてみると、
シェーブルの癖が少なく、100%山羊乳で作られてるのかしら?と思うほど。
噛めば噛むほど旨みが出てきて、
甘みさえ感じられます。
おいしい~。
ただ、夏の暑い時に食べるには、水分があまりにも無くちょっと厳しい。
1番美味しい時期ではないかもしれませんが、秋から冬にかけてまた食べたいです。

残り6種類~!最近は、残りのリストを持っていて、
チーズ屋さんを見かけるたびに、あるか聞いているのですが、
バカンスシーズンのせいか、いつもはあるんだけど今は無いという返事が返ってきたりします。


ランキングに参加しています。ポチッと応援クリックお願いします~。053.gif
クリックが激減中で凹み中~です。007.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ココにポチっとお願いします!誰でも参加できます!
こちらも降下中~008.gif 両方にクリックをしてくださると嬉しいです。016.gif

フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


[PR]
by bonjourbordeaux | 2014-08-23 00:01 | AOPのフロマ-ジュ | Trackback | Comments(0)

AOPのフロマージュ 38

”AOPのフロマージュを全制覇したい!”の第19回目です。
45種類あるうちの38番目までたどり着きました~。
b0296855_01031932.jpg
Bleu de Gex(ブルー・ド・ジェックス)です。
原料は、牛乳で青カビタイプ
AOPに指定されている地域は、アン、ジュラ県です。
b0296855_22370007.jpg
地図で言うと、真中の右辺り、スイスとの国境です。
13世紀に聖クロードの修道士達が作っていたのが始まりで、
現在は、生産農家4軒のみ、年間生産量558トンと希少なチーズです。
あまり見かけなかったのも納得です。
さて、肝心の味ですが、まろやかなブルーチーズと書いてあるのですが、
私にとっては、けっこう濃厚で、癖があります。
確かに他のブルーチーズに比べれば、塩気も少なく、刺激も少ないかもしれませんが、
香りも強くて、ちょっと苦手でした。

このシリーズ、終盤に近付いてきましたが、残り7種類が、なかなか見つかりません~。
年内に完結できるか、はたまた全部見つけられるのか心配になってきました。

ランキングに参加しています。ポチッと応援クリックお願いします~。053.gif
クリックが激減中で凹み中~です。007.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ココにポチっとお願いします!誰でも参加できます!
両方にクリックをしてくださると嬉しいです。016.gif

フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


007.gif 今日からこちらのトーナメントに参加しています。応援お願いします~。
フランス! (5) ブログトーナメント - 旅行ブログ村
フランス! (5) ブログトーナメント

今日の Le CHAT 8月11日

b0296855_01030228.jpg
”極右派は、他の派に民主主義を教える事が出来るはずなのに。”

”彼らの集会では、採決は挙手でする。”

極右派は、民主主義を唱えているが、挙手で採決をするから、
結局、自由には投票できず民主主義ではないという皮肉です。



[PR]
by bonjourbordeaux | 2014-08-11 00:01 | AOPのフロマ-ジュ | Trackback | Comments(0)

AOPのフロマージュ 36 37

”AOPフロマージュを全制覇したい”第18回です。
まずは、コチラ。
b0296855_20394043.jpg
Laguiole(ライオル)です。
原料は牛乳で、ハードタイプ。
AOPに指定されている地域は、アヴェロン、カンタル、ロゼール県で、
b0296855_22370007.jpg
地図の下、中南フランスで、
b0296855_20502505.jpg
3つの県にまたがるオーブラック高原で作られています。
15世紀から作られているこのチーズ、20世紀の半ばにコストがかかるのと、継承者がいない為に
消滅しかけましたが、1960年から、このチーズ職人の”残したい”という熱い思いから、
製法を近代化して生き残ったチーズです。
写真で見ても分かるように、乾燥しています。
口の中でモソモソしてちょっと食べづらい。
味は、ハードタイプにしては、少し癖があります。
オーヴェルニュの郷土料理Aligot(アリゴ)
b0296855_21030167.jpg
に使われるチーズだそうで、今度試してみたいですが、
そのまま食べるのは、少し苦手でした。

次は、コチラ。(写真はうっかり消してしまったので、お借りしました。)
b0296855_21052735.jpg
Pélardon(ぺラルドン)
原料は山羊乳で、表面は自然の出来た皮。
AOPで指定されている地域は、オード、ガール、エロー、ロゼール、タルヌ県で、
地図の下、南フランスのラングドック地方です。
Pélardonは、方言で”山羊の小さなチーズ”という意味で、名前の通り6cm位の小さなチーズです。
山羊の種類は、
b0296855_21120544.jpgb0296855_21132526.jpgb0296855_21141567.jpg






alpine、saanen、roveに限られていて、
年間210日以上指定地域で放牧させることが義務付けられています。
熟成が進んでいる物を選んだせいか、シェーブル独特の癖がキツイ~。
ピリッとした刺激があり、余韻も長く残ります。
シェーブルは、若くて、真白いフレッシュタイプの方が好みだと分かってきました。

ランキングに参加しています。ポチッと応援クリックもしてくださると嬉しいです。053.gif
クリック減少中です~。007.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ココにポチっとお願いします!誰でも参加できます!
両方にクリックをしてくださると嬉しいです。016.gif

フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


029.gif只今こちらのトーナメントに参加しています。応援お願いします~。

海外生活ブログトーナメント

今日の Le CHAT 7月24日
b0296855_21284993.jpg
”肉屋と銀行で、大きく違うのは、”
”2つのうち1つは、”
””少し多いけど、入れときます?”とは絶対に言わない事だ。”

Bで始まる職業を比較して、
肉屋で、頼んだグラムより少しオーバーしている時言われるフレーズは、
銀行では絶対言われないと、変な事をもっともらしく話すネコが笑えます。

[PR]
by bonjourbordeaux | 2014-07-24 00:01 | AOPのフロマ-ジュ | Trackback | Comments(0)

AOPのフロマージュ 34 35

AOPのフロマージュを全制覇したい第17回目です。
まずは、こちら。
b0296855_22153676.jpg
Fourme de Monbrison(フルム・ド・モンブリゾン)です。
原料は牛乳で、青カビタイプ。
AOPで指定されている地域は、ロワールとピュイ=ド=ドーム県です。
地図で言うと、真中の少し右下あたりです。
b0296855_22370007.jpg
fourme(フルム)と付くチーズと言えば、
fourme d'Ambertをこのシリーズの2回目でご紹介しましたが、(その時のブログは、コチラ
実は、このふたつ1972年~2001年まで同じ物としてAOC登録されていました。
フォレ山脈をはさんで西側でフルムダンベール、東側でフルムドモンブリゾンを作っています。
因みに、fourmeは、ラテン語のforma(チーズ)から派生して出来た語です。
青カビタイプですが、ブルーチーズよりまろやかです。
独特の風味があるのですが、エゾ松の木の棚の上で熟成させるからでしょうか。
フルムダンベールよりカビが少なく、乾燥していてモソモソしている感じで、
個人的には、フルムダンベールの方が好みです。
フォンデュやラクレットにも適しているそうなので、今冬に試してみたいです。

次は、こちら。
b0296855_22155751.jpg
Picodon(ピコドン)。
原料は山羊乳で、表面は自然に出来た皮。
AOPで指定されている地域は、ドローム、アルデシュ、ヴォクリューズ、ガール県で、
地図の南東辺り。
ピコドンとう名前が前から気になっていましたが、やっとみつけました。
この名前は、オック語(ロマンス語のひとつ)で、
petit piquant(ピリッとする小さい物)という意味です。
山羊は、草の他に、ヘーゼルナッツ、カシの木、クリの木、ラベンダーなどの葉を食べている為
食べた物によって微妙に風味が変わるようです。
見た目や大きさが大福餅に似ているのですが、
食べてみると、名前の通りピリッとした刺激プラス、山羊の癖ある風味が口の中に充満します~。
ここまで濃いと、まだ苦手です~。
パンに切り口を上に乗せて、オーブンでこんがり焼いてもおいしいそうなので、今度試してみたいな。
AOPフロマージュ全45種類の内、35種類を制覇しました~。
あと10種類!だんだん見つけるのが難しくなってきましたが、年内に制覇したいです!

ランキングに参加しています。ポチッと応援クリックもしてくださると嬉しいです。053.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ココにポチっとお願いします!誰でも参加できます!
こちら、落ちています~。007.gif 両方にクリックをしてくださると嬉しいです。016.gif

フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

今日の Le CHAT 7月11日

b0296855_22161875.jpg
””どうすればバカンス前に5分で4kg落とせるか?”という本を自分にプレゼントした。”
”2巻はちょっと読むのに時間がかかるけど、このメソッドはとても効果があるらしい。”
”エッ!信じられない!” ”効いたよ!”

見ての通り、本を持って体重計に乗って、その後、本を横に置いた分だけ体重が減ったのを
もう効果があったと驚くネコ。


[PR]
by bonjourbordeaux | 2014-07-11 00:02 | AOPのフロマ-ジュ | Trackback | Comments(0)

AOPのフロマージュ 32 33

”AOPのフロマージュを全制覇したい。”第16回目です。
まずは、コチラ。
b0296855_21364751.jpg
Chaource (シャウルス)です。
原料は牛乳で、白カビタイプ。
AOPで指定されている地域は、オーブとヨンヌ県で、
b0296855_22370007.jpg
地図で言うと真中の右上辺りのシャンパーニュとブルゴーニュに位置します。
このチーズは、12世紀に修道院で作られていたと言われている歴史のあるチーズです。
名前の由来は、シャウルスというシャンパーニュ地方の町の名前からなのですが、
シャはフランス語でネコ、ウルスはクマという意味で、
この町の紋章は、ネコとクマが紋章になっています。
b0296855_21370681.jpg
ビロードのような表面で、中はきめが細かく白色です。
見た目の優しさとは裏腹に、少し癖があり、ブルーチーズっぽい刺激があります。
塩が結構きついのですが、バゲットと一緒に食べると丁度いい感じ。
中は、柔らかくてクリーミーで、熟成が進むとトロトロになります。
シャンパンやドライフルーツと相性が良いそうなので、次回是非試してみたいです。

次は、コチラ。
b0296855_21373540.jpg
Selles-sur-cher(セル・シュール・シェール)です。
原料は、山羊乳で、表面は自然に出来た皮。
AOPで指定されている地域は、シェール、アンドル、ロワール・エ・シェール県です。
地図で言うと、真中辺りです。
表面の青黒いのは灰で、塩を混ぜたポプラの木炭の粉で、これをまぶすと熟成が助けられるそうです。
熟成具合の目安にもなり、黒からグレーに変わっていきます。
シェーブルは、癖が強いのは苦手なので、いつもひと口目がドキドキします。
特にこんな風に表面が青黒いと、相当癖が強いのでは、と敬遠してきたのですが、
遂に試してみる事にしました~。
最初のシャウルスとは反対に、こちらは見た目より癖が無く、
爽やかな酸味が辛口白ワインにぴったりで、暑い夏にもおいしくいただけます。
もっちりした食感でクリーミー~。
シェーブルの中では上位にランクインです。

今日の Le CHAT 6月19日
b0296855_21375397.jpg
”子羊によりもムカデにの方が、モモ肉がたくさんある。”

フランスでは、Gigot d'agneau(ジゴダニョー)という子羊のモモ肉を食べます。
いくらムカデに”脚”がたくさんあるからと言っても食べられないのに、変な比較をするネコ。

ランキングに参加しています。ポチッと応援クリックもしてくださると嬉しいです。053.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ココにポチっとお願いします!誰でも参加できます!
両方にクリックをしてくださると嬉しいです。016.gif

フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


[PR]
by bonjourbordeaux | 2014-06-19 00:02 | AOPのフロマ-ジュ | Trackback | Comments(0)

AOPのフロマージュ 30 31

”AOPフロマージュを全制覇したい”の第15回目です。

まずは、コチラ。
b0296855_22375952.jpg
Chabichou du Poitou(シャビシュー・デュ・ポワトゥー)
原料は山羊乳で、表皮は、自然に出来た皮。
AOPで指定されている地域は、ヴィエンヌ、ドゥー=セーヴル、シャラント県で、
地図の真中左辺りです。
b0296855_22370007.jpg
シャビシューとは、アラブ語で山羊の意味です。
早く食べたので見れませんでしたが、熟成が進むとグレーブルーのカビで覆われてくるそうです。
b0296855_22581690.jpg
私が食べたシェーブルの中では、匂いが強く、独特のシャープなエグミがあり、
後味も長く続きます。
これは、ちょっと苦手でした。

もうひとつは、コチラ。
b0296855_22382061.jpg
Livarot(リヴァロ)
原料は牛乳で、ウォッシュタイプ。
AOPで指定されている地域は、カルヴァドス、オルヌ県で、
北西部のノルマンディー地方、地図の上左より辺りです。
昔は、型崩れを防ぐために葦の一種を5列巻きつけていて、その5本の線が有名になり、
軍人の階級を現わす”コロネル(大佐)”というニックネームがついたとか。
今でもその名残でオレンジ色の紙テープを巻き、リヴァロのシンボルになっています。
b0296855_22500556.jpg
とても濃厚な味で、匂いも強いです。
ウォッシュタイプの中でも、マンステールはミルキーな優しい味が気に入りましたが、
これは味も個性的で、ちょっと苦手でした。
今回のチーズ、偶然選び、フランスチーズに慣れてきたと思っていましたが、
どちらも個性が強く、あまり好みではありませんでした。

今日の Le CHAT 5月29日
b0296855_23130259.jpg
”こいつがスマッシュをした時にあくびをするんじゃなかったよ。”

のどが膨らんだ鳥の絵に、テニスラケットを描いて、
相手がスマッシュをした途端にあくびをして、ボールを飲み込んだ絵にしています。

ランキングに参加しています。ポチッと応援クリックもしてくださると嬉しいです。053.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ココにポチっとお願いします!誰でも参加できます!
両方にクリックをしてくださると嬉しいです。016.gif

フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


[PR]
by bonjourbordeaux | 2014-05-29 00:01 | AOPのフロマ-ジュ | Trackback | Comments(0)

AOPのフロマージュ 28 29

”AOPのフロマージュを全制覇したい” 第14回目です。
まずは、コチラ。
b0296855_21342934.jpg
Bleu des Causses(ブルー・デ・コース)
原料は牛乳で青カビタイプ。
AOPで指定されている地域は、アヴェロン、ロット、ロゼール、ガール、エロー県で、
地図で言うと真中の下あたりです。
b0296855_22370007.jpg
牛乳版ロックフォールとも呼ばれています。
ロックフォールは、1925年に法令により、羊乳のみで作ることが定められ、
その時、製法はそのままに牛乳だけで作られたのが、このチーズです。
石灰岩の大地に開いた自然の洞窟の中で作られ、”フルリーヌ”というすきま風が、
湿度と温度を一定に保つ役割を果たしています。
ミルク感がたっぷりで、青カビのピリッとした刺激も少なくまろやか。
脂肪分が高めで、バターの様に口の中でとろける感じです。
塩分が強すぎるチーズは苦手なので、これは気に入りました。

もうひとつは、コチラ。
b0296855_21344231.jpg
Cantal(カンタル)。
原料は牛乳で、セミハードタイプ。
AOPで指定されている地域は、アヴェロン、カンタル、コレーズ、ピュイ=ド=ドーム県で、
オーヴェルニュ地方、地図で言うとブルー・デ・コースと同じ真中下あたりです。
2000年の歴史を持つチーズで、ロックフォールと並んでフランス最古のチーズと言われています。
コンテ、ロックフォールに次いで第3位の生産量。
熟成期間によって3つのカテゴリーに分かれ、2カ月以内の物は、Cantal jeune、
2~6カ月の物は、Cantal entre-deux、6か月以上の物は、Cantal vieuxといいます。
私の買ったのは、5カ月の物です。
ナッティーで、味わい深いのですが、くせがなくとても食べやすい。
私好みのチーズです。

今日の Le CHAT 5月18日
b0296855_21341590.jpg

”ちぇっ、ほら、また犬が庭で用足しをしたよ。”
”いつか、奴に溝を教える事が出来るかねぇ?”

いつものように、ある絵に会話を付けています。
蛇を犬の糞と間違えているシチュエーションです。

ランキングに参加しています。ポチッと応援クリックもしてくださると嬉しいです。053.gif
2位と3位を行ったり来たり~。あなたの1票をお待ちしております~。006.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ココにポチっとお願いします!誰でも参加できます
両方にクリックをしてくださると嬉しいです。016.gif

フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


[PR]
by bonjourbordeaux | 2014-05-18 00:01 | AOPのフロマ-ジュ | Trackback | Comments(0)

AOPのフロマージュ 26,27

”AOPのフロマージュを全制覇したい” 第13回目です。

まずは、コチラ。
b0296855_01090829.jpg
Neufchâtel (ヌーシャテル)
原料は牛乳で、白カビタイプ。
AOPに指定される地域は、セーヌ=マリティーム、オワーズ県でノルマンディ地域圏
地図では、真中の上辺り。
b0296855_22370007.jpg
ハート型が何とも女子心をくすぐるチーズですが、この形には言い伝えがあり、
100年戦争(14世紀)の時、敵の兵士と恋に落ちたヌーシャテルの娘が贈ったというもので、
とてもロマンティック~。
さぞかし優しい味なのかと思いきや、見た目に反して酸味が強く、濃厚で、
後味が鋭くピリッときます。香りも”搾りたての牛乳″という感じのとても現実的な感じ。
そりゃぁそうです、チーズですもんね。

次は、
b0296855_01083801.jpg
Crottin de Chavignol (クロタン・ド・シャヴィニョル)
原料は、山羊乳で、表皮は自然に出来た皮。
AOPに指定される地域は、シエール、ロワレ、ニエーヴル県で、地図の真中辺り。

コロンとした形で、大きさといいお饅頭を思わせます。
Crottinは牛馬の糞という意味で、その形から付けられました。
香りは、よほど鼻を付けて嗅がないとしないほどです。
味もシェーブルの中では穏やかであっさり気味。余韻も少ない。
ねっとりした口当たりが独特です。
小さいので、手始めにシェーブルを試すのには良いかと思います。
オーブンで焼いてもおいしいそうなので、今度是非ためしてみようっと。

今日の Le CHAT 5月2日
b0296855_01080714.jpg
”英語からきた言葉の侵略をストップしよう。”そして、とても美しい我々の言葉を守ろう!”
”なぜ、セルフコントロールという言葉を使い続けるのか。”
”自分のセルフコントロールと言えば、良い響きなのに。”

セルフコントロールの意味を分かっていないので、フランス語に直してもセルフを付けていて、
良い響きと、フランス語を絶賛している間抜けネコ。

ランキングに参加しています。ポチッと応援クリックもしてくださると嬉しいです。053.gif
2位~。058.gif ありがとうございます~。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ココにポチっとお願いします!誰でも参加できます!
こちらは伸び悩み中~です。008.gif 両方にクリックをしてくださると嬉しいです。016.gif

フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


[PR]
by bonjourbordeaux | 2014-05-01 23:21 | AOPのフロマ-ジュ | Trackback | Comments(0)

AOPのフロマージュ 24,25

”AOPのフロマージュを全制覇したい”第12回目です。
まずは、コチラ。
b0296855_19052685.jpg
Camanbert de Normandie(カマンベール・ド・ノルマンディー)です。
原料は牛乳で、白カビタイプです。
AOPに指定されている地域は、カルヴァドス、ウール、マンシュ、オルヌ、セーヌ=マリティム県で
ノルマンディー地域圏、地図で言うとパリの上あたりです。
b0296855_22370007.jpg
カマンベールは、チーズの女王とも呼ばれ、ナポレオン3世が愛したチーズです。
b0296855_19042739.jpg
日本でもおなじみのチーズですが、
AOPを名乗るには、ノルマンディーで、伝統の製法で作られないといけません。
熟成が程良く食べごろと言われるのは、製造後3~4週間で中央部が柔らかくなるのが目印。
乾燥しないように保存する方が良くレタスを一緒に入れると湿気を補い良いそうです。
匂いが強く、塩味が効いています。後味も長く残ります。熟成が進むとよりパワーアップしました。
個人的には、塩味が強いとチーズの風味を半減させるので、あまり好みではありません。
食べ慣れている気がしていましたが、以外にリピートしないかも、と思いました。

次は、コチラ。
b0296855_19350074.jpg
Munster(マンステール)です。
原料は牛乳で、ウォッシュタイプ。
AOPに指定されている地域は、バ=ラン、オー=ラン、ムルト=エ=モゼル、モゼル、
オート=ソーヌ、テリトワール=ド=ベルフォール、ヴォージュ県です。
アルザス、ロレーヌ地域圏で、地図で言うと右上辺りです。
このチーズは、前回ご紹介したマロワールと同様にPさんから、
”匂いが強いから止めた方が良いんじゃない?”と言われる位フランス人の間では
″臭いチーズ”の代名詞になっています。
確かに、食べる前に冷蔵庫から出しておくと、プ-ンと匂いますが、
納豆ほど不快な臭いではありません。(私は納豆が食べず嫌いです。)
食べてみると、ミルキーで癖が無くておいしい~。
今まで避けていたのがもったいなかったと思う位私好みの優しい味。
外皮もマロワールほどクセが無く食べ易い~。
冬に、アツアツポテトと一緒に少し解け気味で食べるとおいしいらしいので、是非試してみたいです。

ここでひとつ、Pさんママから教えてもらったチーズの保存方法をご紹介します。
カマンベールは別ですが、チーズは湿気を避けた方がいいんです。
そこで活躍するのが、角砂糖!なんです。キッチンペーパーで包んで一緒に保存すると効果があります。

今日の Le CHAT 4月19日
b0296855_19030031.jpg

”のどが渇いていない人に何を出しますか?”
”何も出さない。”
”それこそ私にもってこいだ。”

ネコが飲みすぎるからでしょうか。Pさんにも良く分からないそうです。
どなたか分かりますか~?

ランキングに参加しています。ポチッと応援クリックもしてくださると嬉しいです。053.gif
クリック減少中で凹み中~です。008.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ココにポチっとお願いします!誰でも参加できます!
こちらも激減中~。007.gif 両方にクリックをしてくださると嬉しいです。016.gif

フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


[PR]
by bonjourbordeaux | 2014-04-19 00:46 | AOPのフロマ-ジュ | Trackback | Comments(0)

AOPのフロマージュ 22,23

”AOPフロマージュを全制覇したい!”第11回目です。
只今半分制覇しました~。
今回は、南北のチーズを試しました。

まずは、コチラ。
b0296855_22363581.jpg
Maroilles(マロワール)です。
原料は牛乳で、ウォッシュタイプ。
AOPで指定されている地域は、エーヌとノール県で、フランスの北のベルギーとの国境、地図の真中上あたりです。

b0296855_22370007.jpg
このチーズ、10世紀に修道士が開発したもので、1000年の歴史があり、数々の国王たちにも
愛されてきた食通が好むチーズだそうです。
買う時にPさんから、”強いチーズだし止めた方が良いんじゃない?”と言われましたが、
フランスのチーズにも慣れてきたし、強いチーズにも挑戦したい好奇心から買ってみました。
が、丸ごとだと四角いのですが、口に合わないといつまでも残りそうなので半分だけ購入~。
確かに、香りが強烈~。手で触ると匂いが付くので気を付けましょう~!
恐る恐る口にすると、あら、以外、中は、まろやかで食べ易い。もっちりした食感も好きです。
しかし、表面はひと癖あります。食感もウォッシュタイプ独特のジャリッとした感じがあり、
香りと同様に個性のある味です。Pさん曰く、表面も食べなければマロワールを食べる意味がない
のだとか。以前の私なら抵抗があったであろう味も、今では美味しいと思えるようになってきました。
因みに、フルボディの赤ワインか、ベルギーに近いせいかビールで食べる愛好家が多いそうです。

次は、南~。
b0296855_22371074.jpg
Salers(サレール)です。
原料は、牛乳でハードタイプ。
AOPで指定されている地域は、アヴェロン、アンドル=エ=ロワール、ロワール=エ=シェール、
ヴィエンヌ県です。地図の真中下から南にかけてです。
こちらも歴史は古く、2000年以上前から作られていて、最古と言われるカンタルと兄弟だそうです。
4月15日~11月15日の期間に製造されるのがサレールで、他の期間がカンタルです。
ハードタイプだけにとても濃厚。塩味が強いですが、噛んでいるうちにほのかに甘みも感じます。
牛が食べている草のせいでしょうか。香りも良く、日本人には馴染みやすいチーズだと思います。

色んなチーズに出会い、フランスのチーズの奥の深さに驚いています。
後半もどんな出会いがあるのか楽しみです。

今日の Le CHAT 3月30日
b0296855_21413494.jpg
”もしも、人間が不死なら、””すぐに地球には、場所が不足してしまう。”
”それでほんの少しだけ取り戻すんだ。”
”お墓の土地を。”

不死になったらお墓がいらなくなるから。という今回は比較的分かりやすいです。

ランキングに参加しています。ポチッと応援クリックもしてくださると嬉しいです。053.gif
クリック減少中で凹み中~です。008.gif どうか愛のクリックを~。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ココにポチっとお願いします!誰でも参加できます!
こちらも激減中~。007.gif 両方にクリックをしてくださると嬉しいです。016.gif

フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


[PR]
by bonjourbordeaux | 2014-03-30 00:04 | AOPのフロマ-ジュ | Trackback | Comments(0)


2013年5月からボルドー在住。ジャンルを問わずフランスの面白情報を綴っています。


by カヌレ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NEWS

トラベロコに登録して
通訳・ガイドをしています

こちらをクリック
    にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
ソレイユです。
ボルドー観光、
ワインシャトー見学などに
ご利用ください!

カテゴリ

全体
はじめまして
ボルドー
お出かけ
バカンス
ワイン
お気に入り
フランスの食べ物
AOPのフロマ-ジュ
料理
トピックス
フランス人
スーパーのお勧め
フランスの可愛い犬達
仏の映画&テレビ番組& 音楽&アート
フランスの最も美しい村
フランスで見かけたアンティークカー
トレンド
フランス語
私事
未分類

最新の記事

大統領就任式で注目を集めてい..
at 2017-05-15 20:51
Cap Ferretで牡蠣~
at 2017-05-09 22:26
ボルドーワインのオスカー賞~
at 2017-04-10 19:41
フランスナンバーワンのバーガー~
at 2017-03-31 18:37
トレンドです!お勧めのインテ..
at 2017-03-27 20:25

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

画像一覧

最新のコメント

> kiyoto58さま..
by bonjourbordeaux at 23:39
> Kiyoto58さま..
by bonjourbordeaux at 22:26
バスク行かれたのですね。..
by Kiyoto58 at 20:18
kiyoto58さまへ ..
by bonjourbordeaux at 23:43
こんにちは。ぼちぼち更新..
by Kiyoto58 at 09:04

ブログパーツ

借金問題解決のポイント

外部リンク

ブログジャンル

海外生活