マクロン大統領のグッズブランド~

マクロン大統領が、グッズブランド” ÉLYSÉE"を売り出し始めました。
b0296855_23103098.jpg
中でも話題になっているのが、大統領も身に着け、自ら宣伝している腕時計です。
b0296855_23101163.jpg
Lipというフランスの時計メーカーの、Dauphineというモデルです。169€。
期間限定のこちらは、
b0296855_23095873.jpg
ピエール・エルメのマカロン7個入19.50€。
このブランドを立ち上げた目的は、
b0296855_23105397.jpg
大統領官邸エリゼ宮の修復に充てるためです。
築300年のこの建物は、老朽化が進み、修復にかなりの額がかかるそうです。
とはいえ、売り上げの何パーセントかは大統領に入ることになっている、
と書くメディアもあります。
全てフランス製というのは、イイネ!と思いました。
ご興味のある方は、コチラの公式サイトをご覧ください~






トラベロコに登録して通訳・ガイドをしています。
ボルドー観光、ワインシャトー見学などにご利用ください!
ソレイユです。
こちらをクリック!にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ





[PR]
# by bonjourbordeaux | 2018-09-14 23:42 | トピックス | Trackback | Comments(0)

トリュフを求めてドルドーニュへ~

ドルドーニュに行きました。
ボルドーから車で2時間です。
b0296855_22045136.jpg
Brantôme(ブラントーム)という町に到着~
b0296855_22050889.jpg
”ペリゴールのベニス”と呼ばれています。
b0296855_22061064.jpg
カヌーを楽しむ事が出来ます。
ここは、金曜朝市が有名です。
b0296855_22062811.jpg
お目当てのサマートリュフ~
トリュフを使ったレシピをくださるので、安心して買いました。
b0296855_22071397.jpg
ひと際目立つこの建物は、L'abbaye Saint-Pierre de Brantôme、
ベネディクト派の大修道院だった建物です。
現在は、市役所と美術館として使われています。
b0296855_22072298.jpg
美術館からの眺め。
ドルドーニュには、洞窟が多く残っています。
b0296855_22073236.jpg
Le Moulin de l'Abbaye
ホテル&レストランで、ミシュラン一つ星のお店です。
ブラントームの次に向かったのは、
b0296855_22074339.jpg
”フランスの最も美しい村”に指定されているサン・ジャン・ド・コルです。
ブラントームから、車で20分位です。
b0296855_23075972.jpg
市役所です。
邸宅のような建物が素敵です。
b0296855_23094822.jpg
観光局。
小さな村の魅力がたくさん詰まっています。
b0296855_23112516.jpg
どこからかピアノの音が聞こえてきました。
そんなに上手ではなかったけれど、この村の雰囲気が、素敵な音色にしていました。
b0296855_23121544.jpg
古い教会。
b0296855_23123235.jpg
のどかな雰囲気に癒されました~
b0296855_23172473.jpg
トリュフは、オムレツとパスタでいただきました。
写真のようにトリュフと卵を密閉容器に入れておくと、
卵にトリュフの香りが移ります!






トラベロコに登録して通訳・ガイドをしています。
ボルドー観光、ワインシャトー見学などにご利用ください!
ソレイユです。
こちらをクリック!にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



[PR]
# by bonjourbordeaux | 2018-09-05 21:56 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

Château Haut-Brion(シャトー・オーブリオン)訪問~

Château Haut-Brion(シャトー・オーブリオン)を見学しました。
ボルドーの中心街から車で15分ほどで、市バスでも行ける便利な立地です。
b0296855_22192119.jpg
オー・ブリオンは、1855年の格付けシャトーの中で、
唯一メドック以外の赤ワインで格付けされているシャトーです。
b0296855_22193363.jpg
エントランスホール、美術館のようです。
まずは、シャトーの歴史について説明してくださいました。
シャトーのあるペサックでは、西暦1世紀ごろからブドウ栽培がされていました。
オー・ブリオンは、小高い丘という意味で、昔から名付けられていた土地です。
シャトーの500年の歴史の中で重要な人物が3人います。
b0296855_22382340.jpg
ジャン・ド・ポンタック(ボルドー高等法院の書記官だった方)
1525年、リブルヌ市長の娘と結婚したことによりオーブリオンの土地の地主となる。
     Château Haut-Brionの歴史の始まり年 
1533年、オーブリオンの邸宅を購入
1549年、ボトルのラベルに描かれているシャトーを建設
3度結婚し、15人の子供をもうけ、101歳まで生きた方です!!
b0296855_22384109.jpg
アルノー・3世・ド・ポンタック
  補酒、澱引きをすることを考え出して、ワインの熟成を可能にした方
  今日の赤ワインの生みの親と言っても過言ではありません。
b0296855_22385784.jpg
クラレンス・ディロン(ニューヨークの銀行家・フランス愛好家)
1929年の経済危機により経営困難に陥ったシャトーは、持ち主の高齢と病もあり、
1935年売りに出されたところをディロン氏が購入。
投資金を取り戻すのに35年かかったとか。
ジャン・ド・ポンタック同様においしいワインづくりに情熱を傾けたそうです。
彼の孫娘が、1967年ルクセンブルグ大公国のシャルル殿下と結婚したことにより、
その息子のロベール殿下が、2008年より社長を務めています。
b0296855_22195710.jpg
シャトーの敷地の縮図
1983年に向かいのChâteau La Mission Haut-Brionを購入。
オー・ブリオンと同じ製法でワインが作られています。
2層に分かれているタンクは、オー・ブリオンが考え出した特注タンクです。
b0296855_22201482.jpg
樽を製作中~
b0296855_22203024.jpg
赤いラインは、作業によってワインがこぼれても分からないようにする為に塗られています。
美意識の高いフランス人らしいアイディアです!
b0296855_22204261.jpg
試飲ルーム。
かつては、オランジュリーというオレンジの温室だった所です。
b0296855_22205598.jpg
b0296855_22212287.jpg
Château Haut-Brion~
深み、まろやかさ、リッチなアロマ、
若くても1級品は一線を画します~
b0296855_22213762.jpg
ラベルに描かれているシャトー。

殿下がご滞在中は、庭を見学できません~






トラベロコに登録して通訳・ガイドをしています。
ボルドー観光、ワインシャトー見学などにご利用ください!
ソレイユです。
こちらをクリック!にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ










[PR]
# by bonjourbordeaux | 2018-08-24 21:20 | ワイン | Trackback | Comments(0)

サマータイムに賛成?反対?

今、サマータイムに賛成か反対か、市民の意見をヨーロッパ委員会が求めています。
(アンケートに参加する方は、コチラ
b0296855_22213367.jpg
サマータイムは、3月の最終日曜の朝2時に、1時間時間を進めます。
そして、10月の最終日曜の朝2時に、1時間時間を戻します。
このシステム、フランスでは、1917年に導入され、
第2次世界大戦後、廃止されますが、
1976年にエネルギー削減のために再開されました。
ところが、近年その効果が薄いばかりか、
サマータイムの時期に脳梗塞、事故、不眠が増える調査結果が出ていて、
今年の2月には、ヨーロッパ委員会で廃止の投票結果が出ていました。
今回のアンケートは、ヨーロッパ議会がこの動きに関心を持つのが目的のようです。
私も早速アンケートに参加しました。
サマータイム廃止に賛成です!
理由は、エネルギー削減にあまり効果がないのであれば、
無い方がシンプルだからです。
そして、1時間とはいえ、それに順応するのに体への負担を感じるからです。

アンケートは、8月16日までです~






トラベロコに登録して通訳・ガイドをしています。
ボルドー観光、ワインシャトー見学などにご利用ください!
ソレイユです。
こちらをクリック!にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ





[PR]
# by bonjourbordeaux | 2018-08-08 23:05 | トピックス | Trackback | Comments(0)

ボルドーにあるもう一つのワイン博物館~

Musée du Vin et du Négoce(ワインとネゴシアン博物館)に行きました。
b0296855_23061292.jpg
ボルドーでワインに関する博物館と言えば、
2016年にオープンした”La Cité du Vin”がすっかり有名になりましたが、
(”La Cité du Vin”を紹介したブログは、コチラ
こちらは、2008年にオープンしています。
b0296855_23062919.jpg
1720年代に、アイルランド人のワイン商人だったFrancis Burkeが、
オフィス兼自宅に建てた建物を使っています。
美術館は、1階が受付&ショップ、地下が展示スペースになっています。
b0296855_23064689.jpg
当時は、ネゴシアンと呼ばれた取引商人が、シャトーから買ったワインを熟成させていました。
なので、同じシャトーのワインでもネゴシアンによってワインの味が異なっていたそうです。
b0296855_23071421.jpg
コラージュ(清澄)に使う卵白を混ぜるのに使っていた泡だて器
b0296855_23073174.jpg
スーティラージュ(澱引き)に使っていたポンプ
b0296855_23070007.jpg
樽を作る作業工程が、ビデオで流れています。
b0296855_23074999.jpg
ボトル詰め出荷が始まったのは、19世紀になってからで、
ラベルは、とってもシンプルだったそうです。
b0296855_23080745.jpg
1924年、不正防止と正真正銘のグランヴァン提供の為に、
シャトーでのボトリングを義務付けたのは、
ムートン・ロッチルドの所有者だったフィリップ・ロッチルド男爵で、
イケム、マルゴー、オー・ブリオン、ラフィット・ロッチルドがこれに従ったとか。

ボルドーワインの歴史について色々説明してあり、興味深かったです。
b0296855_23082796.jpg
赤と白ワインの試飲付きです~
b0296855_23085125.jpg
これが入り口です。
住所:41 rue Borie 33300 Bordeaux(トラムB線 Chartronsから徒歩5分)
12月25日と1月1日以外は毎日開館(10:00-18:00)
入場料10€、18歳未満は無料、学生5€です。
日本語の資料があります。




トラベロコに登録して通訳・ガイドをしています。
ボルドー観光、ワインシャトー見学などにご利用ください!
ソレイユです。
こちらをクリック!にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ






[PR]
# by bonjourbordeaux | 2018-08-01 17:48 | ボルドー | Trackback | Comments(0)


2013年5月からボルドー在住。ジャンルを問わずフランスの面白情報を綴っています。


by カヌレ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

NEWS

トラベロコに登録して
通訳・ガイドをしています

こちらをクリック
    にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
ソレイユです。
ボルドー観光、
ワインシャトー見学などに
ご利用ください!

カテゴリ

全体
はじめまして
ボルドー
お出かけ
バカンス
ワイン
お気に入り
フランスの食べ物
AOPのフロマ-ジュ
料理
トピックス
フランス人
スーパーのお勧め
フランスの可愛い犬達
仏の映画&テレビ番組& 音楽&アート
フランスの最も美しい村
フランスで見かけたアンティークカー
トレンド
フランス語
私事
未分類

最新の記事

マクロン大統領のグッズブランド~
at 2018-09-14 23:42
トリュフを求めてドルドーニュへ~
at 2018-09-05 21:56
Château Haut-B..
at 2018-08-24 21:20
サマータイムに賛成?反対?
at 2018-08-08 23:05
ボルドーにあるもう一つのワイ..
at 2018-08-01 17:48

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 08月
more...

画像一覧

最新のコメント

> kiyoto58さま..
by bonjourbordeaux at 23:39
> Kiyoto58さま..
by bonjourbordeaux at 22:26
バスク行かれたのですね。..
by Kiyoto58 at 20:18
kiyoto58さまへ ..
by bonjourbordeaux at 23:43
こんにちは。ぼちぼち更新..
by Kiyoto58 at 09:04

ブログパーツ

借金問題解決のポイント

外部リンク

ブログジャンル

海外生活